名古屋版!! 転勤のない求人を紹介してくれる 転職会社ナビ

  1. TOP
  2. 働き方の変化に対応を!注意したい女性の退職と転職
  3. 名古屋で転職、女性におすすめの資格と職種

女性におすすめの資格とは?

女性の平均年収は30代をピークに下がる傾向がみられます。しかし資格や経験を活かしたり、職種を見極めて転職することで、収入アップが見込める可能性は大いにあります。

こちらでは女性におすすめの資格や職種、女性ならではの転職の悩みについて紹介します。

転職に有利!収入アップにつながりやすい女性におすすめの資格

転職に有利!収入アップにつながりやすい女性におすすめの資格
宅地建物取引士(宅建)
不動産業界への転職をめざす場合に有利となる国家資格です。
不動産取引では、部屋を借りたり物件を購入する際に「重要事項」の説明を必ず受けます。この説明は宅建保持者しかできない業務独占資格です。また不動産屋には宅建保持者を1名必ず置かなければならないという必置資格でもあります。
不動産業界だけでなく金融業界でも保持していると収入アップにつながります。
ファイナンシャルプランナー
資産運用や金融知識を有する資格で、国家資格と民間資格があります。
金融に関する専門職として、銀行や信託銀行、証券会社、保険会社など金融系企業で資産運用の相談に乗ったり、個人に対して将来のライフプランニングのアドバイスを行います。
金融系企業によっては必須資格であるケースもあります。またファイナンシャルプランナーとして独立開業している人もいます。
社会保険労務士
人事労務、社会保険に関する高い専門知識を有する国家資格です。
労働保険や社会保険の書類作成、労務管理や社会保険に関する相談や指導を行います。人事部や総務部といった部署において有利になるほか、独立開業できる資格でもあります。
働き方改革が進められる中で、重要性が高まっている資格でもあります。
中小企業診断士
中小企業に対して課題解決のための診断や助言などのコンサルティングを行う国家資格です。
社員として保持していることで会計、財務、経営戦略などの部門でも有利になります。またコンサルタントとして独立開業できる資格でもあります。
中小企業の割合が非常に高い日本では、ニーズが高まっている資格です。
行政書士
官公庁に提出する行政書類の作成や手続きをする専門職で、行政書士法に基づく国家資格です。
企業の公的書類の作成代行を行うため、企業法務で契約担当をする部署への転職に有利です。また独立開業できる資格でもあります。

転職で収入アップがめざせる女性におすすめの職種

転職で収入アップがめざせる女性におすすめの職種
営業系
がんばった成果が給与に結びつく営業系の職種は、基本的に経験が少なくても転職しやすいのが特徴です。
とくに広告、不動産業界は未経験でもOKの場合が多く、医療、金融・保険、IT・通信、建設・建築業などの業界は経験があると収入アップにつながります。さらに資格があるとプラスになるでしょう。
企画・管理系
会社運営を支える経営企画や営業企画などの職種です。
経営にかかわる具体的な職種には法務、財務、経理、人事などがありますが、比較的経験が浅くても転職しやすいのは経理や人事と言われています。
ただし、収入アップを目指すなら資格があった方が有利です。さらに数年の経験を積む必要もあります。
市場調査や商品企画、販売促進活動に関わる営業企画の職種では、これまでの経験を活かせれば収入アップにつながります。
専門職
専門職の職種で収入アップが期待できるのは、運用などに携わる金融系専門職と言えるでしょう。能力と経験があれば高収入も狙える職種ですが、金融機関によっては未経験でも一から育てる制度が整っているところもあります。他業種の経験をいかし、転職後に収入アップにつなげられる可能性も大いにあります。
技術系
技術系の職種は全般的に収入が高い傾向がありますが、IT、電気、機械、化学などは未経験での転職には向いていません。
技術系の中でも、建築設計などCADを扱う設計分野は、女性でも比較的転職しやすく、転職後に経験を積むことで収入アップにつなげることが可能です。

女性ならではの転職の悩みQ&A

女性ならではの転職の悩みQ&A
Q.女性の転職でも収入は上がるの?
A.性別に関係なく、安定した大手企業への転職や、これまでの経験が活かせる同職種への転職であれば収入アップが見込める可能性は高いです。一方、経験のない職種への転職は年収が下がると考えていいでしょう。
ただし目先の収入にとらわれると、数年後の収入の伸びが少なく、結果的に思ったほどの収入アップにならないこともあります。未経験の業界・職種への転職では、経験を積むことで収入アップにつながる職種を選ぶことがポイントです。
Q.転職したい!でも結婚はネックになる?
A.法律上、結婚を理由に不採用とすることは禁止されています。
しかし企業によっては、採用する社員が産休や育休により即戦力にならないことを憂慮するケースも現実にはあります。
産休や育休制度は働く人の当然の権利ですが、女性が長く働きやすい環境が整った理解ある企業を選ぶことで、転職後のミスマッチを減らせます。また今後働き方に制限が出る場合でも、仕事を続けていきたいという意思を伝えることも重要です。
Q.女性だと年齢で不利になることはある?
A.20代の転職ではスキルや経験よりも意欲を重視してくれますが、30代以降は即戦力での採用となるのが一般的です。
そのため長く働いてほしいと考えている企業ほど、30代よりも20代を採用する傾向があります。とくに女性の場合は30代になると出産子育てなどのライフイベントが重なることが多いので年齢が上がるほど採用条件は厳しくなりそうです。
ただし30代以降でも、スキルやマネジメント経験があると即戦力になるため評価が高くなり、収入アップにつながる転職が可能です。
TOPへ